So-net無料ブログ作成
検索選択

孫達の春休み

孫娘たちも大きくなり、それぞれに忙しく、昔のように長い滞在はできなくなったけれど、今年もジジババを楽しませてくれた。

一番上の子は小学校卒業、中の二人はハーフ成人式、一番下は幼稚園卒園。

ハーフ成人式という言葉は私の子育ての過程では聞いた事がなかったけれど、最近は小学校でお祝いをするところもあるとか。

一応それぞれが節目の年であることから、親たちの発案で記念写真を撮ることになった。

写真館と言うより今どきはスタジオ?
予約した時間に行くと、既に幾組かの衣装選びや着付けなどが始まっていてその盛況ぶりに驚いた。

実はあの東北の大震災の年の春休み、日本中が悲しみに沈んでいた時、我が家に集まった子供達が「じっとしていても滅入るばかりだから写真を撮りに行こう」と言い出した。
写真館で写真なんて成人式くらいしか知らない私は「洋服はどうするの?」とあわてたものだ。

それぞれが髪を結ってお化粧をしてもらい、自分で選んだお姫様みたいなドレスを着てたくさんの写真を撮ったあのときは、ほんとに時間の経つのも忘れた大人達も大はしゃぎの楽しい楽しい思い出だ。

まだ幼い孫達のその時の写真がうちにも飾ってあるけれど、ずっと気になってたことがあった。
当時まだ乳児だった一番下の孫娘がその写真の中にいないことだ。
いつかこのおちびちゃんも入れて写真を撮らなきゃねと思ってた。

節目の今年その願いがかなった。

まず最初は着物で。
小学校の卒業式の友達の袴姿が羨ましかった子は赤い袴できりりと、中の二人は七五三と大差ない・・・(いやいや大きくなったねえ~)
一番下は千歳飴を持って七五三も兼ねた写真だった。

次はドレスで。
4人揃うとなかなかに華やか。
みんなキラキラアクセサリーもつけてもらって嬉しそう。
一番上は「私はもうお姫様ごっこに憧れる年じゃないわ」って内心思ってたかも?
まあまあ、いいじゃないの、これが最後よ、我慢しなさい。

というわけで、朝の九時半から二時半まで、途中ペットボトルのお茶を飲んだだけのハードな五時間、だれもだだをこねたりわがままを言ったりする子がいなかったのがとても嬉しかった。
みんな大きくなったものだ。


s-20170320001.jpg
気がつかなかった。
シンビジュームに1本だけ花がついてた。
今年は肥料をしっかりあげて花芽をたくさん伸ばそう。








nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。