So-net無料ブログ作成
検索選択

高齢者ほど栄養価の高い食事を

高齢者は肉を食べなさいと最近よく言われる。

これは真実だと確信した。

うちの老犬。
2,3ヶ月前、4つ足の犬のくせに足腰が弱って、まともに歩けなくなっていた。
それに排泄がもう無茶苦茶で、粗相ばかり。
フードはちっとも食べないから、いろいろトッピングして辛うじて命を保ってる有様。
当然、ガリガリに痩せて毛並みはボソボソガサガサ。
そのくせ夜は徘徊、夜鳴きとどこにそんな力があるのかっていうくらい動く。

もうほんと困り果てていた。
今年の夏は越せないだろうなとも思っていた。

それが今はきちんとフードを食べきる。
ヨタヨタだけれど歩けるようになった。
一番変わったのは排泄。
おしっこ垂れ流しだったのが1日3度、まとめて出来るようになった。
もちろん体重が増えて毛並みもよくなった。

一体何が老犬の身に起こったのか?

それは栄養状態がよくなった。
それだけの栄養を取れるようになった。
このことに尽きる。

高齢犬だから体に負担をかけないようにと10歳越えた頃から高齢犬用のフードを食べさせていた。
これがうちの犬の場合間違ってたのだ。

衰えてくるにしたがって、食べきる力がなくなり、残すようになり、ますます衰えてくる。
あれこれトッピングして食べさせようとしても、すぐに飽きて食べなくなる。
更に衰える。
悪循環であった。

少ししか食べられないなら、高齢犬用の低カロリーのフードではなく成犬用の高カロリーの(そして美味しい)フードに戻そうと考えたのが2ヶ月ほど前。
成犬用は多分タンパク質も脂質も多い。
タンパク質はもちろん肉中心だろう。

おや! 食べきったのね!

あんなに頻繁にオシッコしてたのに、5,6時間もあいたね!
それにしても凄い量!

この頃のうんちは艶がいいね!

最近ちょっと体重が増えたんじゃない?

そう言えば毛並がよくなった!

しっかり歩いた後はぐっすり長く寝る!



こんなことにひとつずつ気がついて、最近フードのおかげで老化&認知症に歯止めがかかったと確信するようになった。

足腰に負担がかからないように、これからは体重をしっかり管理しなくては。
そして、これが一番大変だけれど、できるだけ歩かせて鍛える。
今でも鍛えることはできる。

夏を乗り切ろう。

人間だってね、焼き肉やステーキ無性に食べたくなる。
そういうときは高齢者だってしっかり食べればいいし、食べなくてはいけない。


庭の白い花たち。
白い花が大好き。

サラサウツギ
s-20170528002.jpg



s-20170528003.jpg


クレマチスの白万重
s-20170528011.jpg


白バラたち

プロスペリティ
s-20170524018.jpg

s-20170524022.jpg

ガラシャ
s-20170524023.jpg

ブランシュカスカード
s-20170523026.jpg
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 4

コメント 2

erena

個人差。。個犬差。?あるのですね。。
ななこさんの発想の転換が良かったのですね(*^^*)
元気になれて良かったです。

白い花達良いですね(*^^*)
by erena (2017-06-03 22:55) 

ななこ

erenaさん
人間同様犬も個体差は大きいようです。
そして人間同様に体調には波があります。
一喜一憂の日々です。

うちの白いバラはみな返り咲き、四季咲き品種なので、今は2番花が咲き始めています^^

by ななこ (2017-06-06 14:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。