So-net無料ブログ作成
検索選択

介護生活(ただし犬の)

私も夫も疲れ切っている。

4時半 夫起床。
排泄物の片付け。

7時半 私が起床。
老犬にフードを与え、散歩に連れ出す。
普通に歩いて5分の距離を20~30分かけて歩く。
歩くと言うよりハーネスでつり上げて運ぶという方が正しい。
意識がはっきりしているときには自ら足を動かして進むけれど、認知症特有の立ちすくんでいる状態が殆どなのでこちらが運んでやらなくては動かない。

そのあと、私が家事をしている間は庭に放す。
壁にぶつかってはキュンと鳴き、植え込みにもぐり込んではキュンと鳴き、植木鉢の間にはさまってはキュンと鳴く。
とにかく何かに頭がぶつかっても方向を変えて避ける事が出来ないのでいちいち悲鳴を上げるのだ。
その度に私はやりかけたことを放り出して救い出す。

そうそう~老犬は耳は全く聞こえず、目は明暗が判別出来る程度。

私の手があくと、今くらいの暑さなら雨が降っていなければ午前中にもう一度散歩に連れ出す。
そうするとハアハアと息切れするほどに疲れて玄関の中で3,4時間はぐっすり眠る。

眠っている間に、私は買い物など外の仕事を済ませる。
最近は眠ってる時でなくては留守に出来ない。
キュンキュン鳴き続け近所に迷惑をかけることになるのだ。

大切なのは夕方からの散歩。
私と夫と交代で何度も連れ出して疲れさせる。
庭で徘徊では全然疲れてくれない。
つり上げひっぱり、犬のことを知らない人が見たら虐待してると思うだろう。
よく知る人は、或いは老犬を介護した経験のある人は「大変ですね。幸せなわんちゃんね」とねぎらってくれる。

とことん疲れると翌朝までぐっすり眠ってくれる。(今のところは)
疲れ方が足りないと、夜中の1時2時までキュンキュン。
こちらも眠れないわけ。

眠ってるときでも、起きやしないか、鳴き始めやしないかと私は常に神経がとんがってる。
眠るのが下手な私はこういうストレスに極端に弱い。
そんな私を見てるから夫まで最近夜中に目がさめたと言い出す始末。

昔々、自分の子育ての頃に似てるなあと。
違うのは、若い時は赤ん坊が寝入った瞬間にこちらも眠ったこと。
いや、赤ん坊が泣いてたって、添い寝してあやしながら、こちらが先に眠ってしまったっけ。

我が家ではこの犬が7頭目。
認知症になったのはこの犬が初めてで、もちろん介護も初めてのことばかり。

13年後、14年後には若い犬たちが高齢犬になる。
それを介護するのは13年後の自分。
正直、できるかどうか自信ない・・・


老犬の介護が始まってからというもの、半日の外出もままならないから、出来る楽しみといったら庭作業くらい。
なので、色々植えている。

ここ数ヶ月で植えた樹木。
アオダモ  イロハモミジ  ソヨゴ  アオモジ  西洋シラカバ「ジャクモンディ」

購入した木を車に積み込み持ち帰る。
穴を掘り、植える。
支柱を立てるのが結構大変な作業。

地上部2メートルくらいの株立ちの樹木ばかり。
s-20160614002.jpg

素人が自力でできる限界だろう。
s-20160614007.jpg

5年後、10年後が楽しみ。


以前からあるバラは殆どそのままの場所で。

今、白い小輪のバラがあちらこちらで咲く。

バーミューダキャスリーン
s-20170618004.jpg

ブランシュカスカード
s-20170618009.jpg

何だっけ?
s-20170618026.jpg







nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 2

erena

ワンちゃんもお庭も
お二人の愛情がたくさん注がれているのですね。
愛情があるからいろんな感情も深くなりますよね・・
全てが体力を使うことのようです。
御身体気を付けていて下さい。
by erena (2017-07-04 13:23) 

ななこ

erenaさん
>愛情があるからいろんな感情も深くなりますよね・
まさしくそうなんですよね。
今ほどこの犬に手をかけた時期はなかった気がします。
毎日顔を拭いて、ブラッシングして、聞こえないのに声をかけ、足腰のマッサージをして。
そうすることが犬を落ち着かせ、自分も穏やかになれるように思います。
by ななこ (2017-07-09 16:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。