So-net無料ブログ作成
検索選択

母のこと

母の介護施設入所に当たって、妹と私は入所したら飲んでる薬を全部やめようと話してたくらいだ。
食後3度の複数の薬である。

いや、でもね・・・血液をサラサラにする薬は脳梗塞を再発させないために必要だよね。
排便に大きな問題を抱える母には便秘対策の薬はなくすわけにいかないな。
全部なくすのはいくら何でも無理か・・・

なんてのんきな話をしてたことだろう。


まず、入所にあたっての検査の結果 血糖値が高いから薬を処方しましょうと主治医から言われ、血糖値を下げる薬が加わった。
正常範囲の数値でないと入所できないのだそうな。

そして 入所1ヶ月たって、施設での検査の結果、血糖値が充分に下がっていないから薬を増やしましょうといわれ妹が驚いた。

妹からその話を聞き、私も「そんなに薬は要らない」と即座に思った。

妹がすぐにその旨、医師に話したが、医師の診断は絶対で個々の要望は受け入れていただけないことが判明した。


母は典型的なサルコペニアであり、それが認知症発症の大きな原因となっている。
そして、それをくい止めるために、或いは少しでも改善させるために努力するという段階はとっくに過ぎた。
家での介護も限界となり入所した。

暖かな施設で、人として生きる全ての営みを介護スタッフに委ね(排便すら自力で出来ない)、神が人生最後に与えてくれた認知症という贈り物を享受している母。
この頃の口癖は「もういい・・・」

私達は食べる時以外はベッドで寝ている母には、苦しむことなく、人生を緩やかにフェードアウトして欲しいと願っている。

こんな母に何故薬が要るの?

血糖値?
ずっと問題にされることなくここまできたのではないか?
高めで何が悪い?今更。
むしろ過剰投与による低血糖の方がずっと怖い。

他の薬だって、よくよく考えたらもう要らないよね。
脳梗塞は母の場合 ここまでくれば、苦痛のない一番楽な終わり方でしょう?
血圧は母の場合、低い方が辛いことが分かっている。

もういい。
もういい。
母も私達もそう言ってるのに、
どうして聞いていただけないの?


施設に入所した時点で私達のこのような願いが断ち切られてしまったことが悲しい。



スーパーで無料で配られてたチューリップ。
夫と私と1本ずつ並んでいただいてきた。

ご近所で職人さんが剪定に入ってて刈り取られたエリカの花。
勿体ない~っ 下さい~っていただいてきた。
s-20170208015.jpg

ずいぶん長く楽しませてもらっています。










nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

愛らしいクリスマスローズ

とあるガーデンセンターのクリスマスローズフェアでこの一鉢に出会ってしまった。

s-20170208009.jpg

こんなにクリアなピンクのクリスマスローズを私は初めて見た。

シンプルな花型でスポットもない。

私が見入ってるのを見て、店員さんが本当に気に入ってくださる方に購入していただきたいからとずいぶん値引きしてくれた。

嬉しい。

どんな鉢に植えようかしら?


今年は早めにおひな様を飾った。
お内裏様とおひな様だけ出そうかと思ったけれど、今年は小さなおひな様だけ並べることにした。

s-20170208002.jpg

あとは桃の花とひなあられね。



nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ああ~お茶が美味しい!

お茶断ちしてた。
たった2日間なのに辛かった。

実は10日前に一度決心したけれど、続かなかった。

入試前日 どうにも落ち着かない。
「風邪引いてない?」とか電話するわけにもいかず。
バアバの身では何もできないのがもどかしい。

で、もう一度お茶断ちに挑戦。

お茶好きが白湯しか飲まないって大変な事。

そして今日。
お昼前にママから吉報あり。
小さな戦士に桜咲く。

よかった よかった。

おめでとう!
そしてお疲れ様!

何を飲もうかな・・・
やっぱり煎茶かな。

う~ん 美味しい!

花いっぱい!
s-20170107009.jpg

にこにこお顔!
s-20170122001.jpg




nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

植物は凄い!

今の時期 庭には全く陽が当たらない場所がある。
暗くて寒そうで植物だって冬ごもりだろうと、そんなにのぞきもしないのだけれど、ひとつだけ見逃さないように毎年心に留めているものがある。

それはこれ!
s-20170122014.jpg

やっぱりね!
咲いていた!

鶯神楽(うぐいすかぐら)
まだ緑の芽も見えないのに、小さな花が咲いている。

梅の花もあちこちで満開だけれど、もっと小さくて地味なこの花も、一番寒いこの時期に必ず咲く。
葉が全くないから、よ~く見える。
長く咲き続けて、葉が展開してくると、隠れて見えなくなる。

そして初夏頃には真っ赤な実をつける。
これがまた美しい宝石のような実。


鶯神楽の花を確認して、そのついでに発見。
s-20170122006.jpg
バイモユリの芽。
ここにも、あそこにも!


菜園ではリーフレタスやサラダ菜が育つ。
s-20170122002.jpg
もう少し大きくなったら・・・と思ってたけれど、ヒヨドリが豪快に啄んでる現場を見て、どんどん食べることにした。
こんなものまで食べるなんて、よほど食料難なのね。

nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

寒い 冷たい

雪こそ降らないけれど、先週から続く寒さは並じゃない。

それでも毎日犬2匹を連れて1時間~1時間半歩いてくると汗びっしょり。
出る時は寒いからつい着込み過ぎるのだ。

それで、1枚少なくするかわりに最初の10分くらいは早足で歩く。
あるいは最初に登るコースをとる。
我が家はどの道を選んでも登ったり降りたりの続く地形だから。

そんな工夫で何とか凌いでる。

でも、私のいままでの経験として、一番寒かったのは2月のヨーロッパとニューヨークだ。
今よりずっと若かったけれど、寒いと言うより痛かった。
歩いても歩いても汗なんてかくどころじゃなかった。
足も手も感覚はなくなり、コートの上から身を切るような寒さがつきささった。

あの頃はダウンのコートもヒートテックもなかったからな・・・

温暖になったというより、防寒のための衣類の進歩が私の場合大きい気がする。
もちろん、冬のオランダやドイツ、或いはニューヨークはこの辺りより寒いに決まってるのだけど。

ただ、今の寒さは例年より厳しいようだ。
なぜなら、3年ほど屋外越冬できてた多肉植物が3つばかり萎れたからだ。

今心配なのは、レモンと温州ミカンの鉢植えのこと。
軒下に取り込んではいるけれど、大丈夫かな?
それまで取り込む場所はないので、この寒さを耐えて欲しい。

部屋に取り込んだ黒法師やカネノナルキは大丈夫。

s-20170109006.jpg

シンビジュームも満開で、この部屋は春のよう。

s-20170109005.jpg
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

初夢

若い母なんかではなく、今のままの母が笑いながら歩行器なしで歩いていた。

ええ~!?  元気になったのねえ!!
母も嬉しそうに、ちょっと恥ずかしそうにさらに微笑む。

そこで目がさめた。
松の内だから初夢といっていいだろう。

ひどい睡眠障害の私だが、治療のおかげでここ2ヶ月くらい夢も見ないで熟睡している。
以前は夢と言えば悪夢ばかりだったのに、久々に見た夢が笑顔で歩いてる母の姿だなんて嬉しい!

夢じゃなくて現実だったらいいのに・・・


素晴らしい香りの蝋梅。
s-2161223020.jpg

我が家のは色も形も渋いのがかえって珍しい原始的な蝋梅。
s-20170107005.jpg
蝋梅はご近所で園芸種をいろいろ見てるけれど、香りは我が家のが一番!
これほんと! 絶対に。
華やかさを得て香りを失ったんじゃないかと思う。

バラの剪定誘引を始めた。

まだ咲いているバラ。

オールドブラッシュに
s-20170107002.jpg

バフビューティーに
s-20170107007.jpg


s-20170107010.jpg






nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三が日も過ぎ

3匹の犬と夫婦2人だけのいつもの生活に戻った我が家です。

新年はとても穏やかな暖かい日で始まりました。
子供達家族が帰っていってからも天気が続いて、布団を干したりシーツなどの洗濯も捗って助かりました。

4人の孫娘が揃うと、いつもなにがしかの破壊工作が行われ、ぎゃ~なのだけれど、今年のお正月もやってくれました。
2階の遊んでた部屋の木製の太いカーテンレールが折れていました。
あんな物が一体どうしたら折れるのでしょうね?
鉄棒よろしくぶらさがった?

みんな帰った後で気がついたので、聞くわけにもいきません。
ま、いいか・・・怪我さえなければ。

床板に穴をあけたり、水浸しにしたり、もう少々のことでは驚きません。

みんな大きくなって、それぞれ楽譜や勉強の用具持参です。
毎日欠かさず楽器の練習と勉強をしていました。
感心です。

縄跳びも練習していました。
2重飛びに挑戦の子はついについに出来るようになりました。

お抹茶が大好きな孫達。
お正月はお抹茶と楽しみにしています。
さあ、お抹茶の時間だとみんな集まった時、私がその前に と、犬のトイレのため座をはずしました。
そしたら孫娘のひとりが「肝腎のバアバがいないじゃないの」と叫んでおりました。
そうか! お抹茶を点てるのはバアバこと私の役目なのかと笑えました。
バアバじゃなくても誰でも出来るんだよ。

幼稚園児から小学校6年生まで年齢差があるから体力的にもかなり違いがあります。
それでも必死に頑張ってお姉ちゃんたちについていこうとするので一番チビちゃんは疲れます。

s-20161231005.jpg
ふと気がつくとこんな風に行き倒れていました。


みんながいなくなって静かな静かな次の日の夜。
s-2070102002.jpg

空を見上げたら細い月と明るい金星が並んでいました。
ひどくぶれた写真ですが・・・

nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

行った 見た 食べた!

一昨日孫達が来た。
息子の発案で連日のお出かけ。

まず、昨日は500万球の宝石イルミネーション(ジュエルミネーション)を見に遊園地へ。

夕方4時頃
s-IMG_0252.jpg

孫達は30分~40分並んでバンデット

私はひとりでイルミネーションを楽しむ。
(夫はまだお仕事。)

素敵ですねえ~
s-IMG_0265.jpg

30分並んで大観覧車はみんなで。
観覧車からの眺め。
s-IMG_0289.jpg

気温3度。
晴天。
東京が一望出来た。

東京タワー。
s-IMG_0292.jpg

スカイツリー
s-IMG_0293.jpg


エリアによって色が統一されて美しい。
s-IMG_0300.jpg

それにしても凍えた。
膝から下の感覚なし。

若者が圧倒的に多かった。
s-IMG_0315.jpg



翌、今日は中華街へ。

まず食事(萬珍楼)
s-IMG_0327.jpg

海へ
s-IMG_0337.jpg

山下公園からシーバスで横浜駅まで

s-IMG_0355.jpg


s-IMG_0380.jpg

今日は暖かかった。


明日はスケートらしいがジジババは家で年越しの準備の予定。










nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あなたは誰?

知人のお宅のリビングにお邪魔した時、花瓶に活けられた花に釘付けになった。
あんまり素敵だったから1本いただいてきた。


椿じゃなくてサザンカだと思う。
s-2161223012.jpg

以前読んだ椿とサザンカの見分け方。
葉をお日様にかざして見て葉脈が明るく透けて見えるのは椿。
葉脈が黒く見えるのがサザンカ。

これは黒いからサザンカ。

とにかく小さい花。
直径2cmほどの極極小輪。
こんなに小さなサザンカ見たことがない。
この際椿だって構わない。

s-2161223033.jpg
優しいピンクで八重の筒咲きというのかな。

知人の実家の広大なお屋敷の庭に何本か植えられてるのだそうな。
小さなこの花がいっぱい咲いてたから切って持ってきたのだとか。

今は挿し木には適さない時期なので、春にまた切ってきてあげますと言われた。

古典的な品種なのかしら?

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ショック

割ってしまった、夫が。

大切に使ってたアルフィの魔法びん。

s-20161219003.jpg

からっぽだったから吹っ飛んだ・・・だって。
まるで魔法びんが自ら吹っ飛んだみたいな言い方。(夫らしい)

中はガラスなのでひとたまりもない。

あ~あ  この柔らかい曲線が大好きだったのに。

仕方がない。
しまい込んであった湯沸かしケトルに再登場願おうかと思ったけれど、ぴったりなお湯の量というわけにはいかず、どうしてもお湯を無駄にしそう。

考えてまた魔法びんを買ってきた。
今度は割れないように丈夫なのを。
空から落としても壊れないというスタンレーの魔法びん。
アルフィと比べたら無骨だけれど頼りがいありそう。
お茶好きにはやっぱり魔法びんは不可欠。





nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー