So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

青春ソング

始まりは姪っ子が夏に、ある歌手の東京ドームライブに来た時だった。

超有名ミュージシャンでその名前は知ってても、歌は聞いたことはないという私だったのだけれど、ちょうどテレビで生中継するというので、こうした歌手のライブというものに興味を持ってリアルタイムに見始めたのだった。

私は舞台芸術にははまりにはまって数知れない臨場体験はしてきたのだけど、ドームという巨大空間で盛り上がるそれは、いやあ~全然違う世界だった。
その歌手が好きか?  といえばそうではない。
でも、会場の熱気の凄さは充分に理解出来た。

そこで私は自分が聞いてみたいと思う歌手のライブを番組表で探したら手近にひとつあった。
それが平井堅。
子供達が(孫だったか?)好きだった「古時計」の記憶を辿って。

でもね、ライブってトークを挟む。というよりトークが多いのね。
歌だけ聞きたい。
ライブは向かないということかな。

で、また昔の記憶を辿って、オフコースの「さよなら」とか聞きたいと考えた。
ゆずの「雨のちハレルヤ」なんかもいいな・・・とか。

「CD買おうかと思うの」とちらっと息子に話したら「買うな  送るから」ときた。

そして手元に届いたCDの数々!!


それから私はひたすら聞き続けている。

食事の支度をしながら、
片付けをしながら、
洗濯物をたたみながら、

懐かしさ、甘酸っぱさ、気恥ずかしさ、ときめき、癒し、なにより楽しさ・・・

たとえば、
ヴォーカルグループ チューリップの心の旅、サボテンの花、青春の影、Route134
同じくスピッツの楓、ロビンソン(これらは息子のコレクションにはないので、ユーチューブで)

ゆずの夏色も娘から届いた。(雨のちハレルヤはない、残念)

「お気に入りの曲」と息子にラインしたら「青春ソングだね」だと。
さらに「青春に帰るのは一種の老化で幸せな老後を送るための本能」だってさ。

それならそれでいいことじゃないの!


庭のバラ
スミスズペアリッシュというよく咲く丈夫なバラ
s20181111012.jpg

こんな色の出方は初めて。
s20181111006.jpg

白地に刷毛ですっと塗ったようなピンクのラインが出ることはよくあるのだけれど全体ピンク
s20181111008.jpg

清楚で甘い香りの素敵なバラ
s20181111004.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

庭の今

夏ではなくて今

s20181028033.jpg

バラのアーチに寄りかかったミニトマト

s20181028044.jpg

旬の味にはとうてい及ばないけれど、まだまだ収穫できる。
抜かなくてよかった。


s20181028048.jpg

昨年は不作だったゆず
今年はたくさん



s20181028050.jpg

お正月菜も順調に育ってる。


s20181028014.jpg

放置だったのに、バラがあちこちで咲き始めている。

植物は凄いね!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

美男におわす

先日上野まで仏像を拝観に行ってきた。

京都大報恩寺の快慶、定慶のみほとけ展。



大報恩寺は応仁の乱をはじめとする多くの戦火を免れ、洛中(京都市内)最古の木造建築物として国宝に指定されているという。
その国宝のお寺の中に普段はばらばらに安置されている仏像が一つの美術館にずらりと並べて展示されるというのだから仏像大好きの私にはとってもありがたいことである。

じっくり観てまわり、気になる仏像の所へは2度3度と足を運び、帰り道、娘に「今日は阿那律が一番素敵だったわ」と言ったら「その言い方何?呆れた」という顔をされた。

お釈迦様の10人の弟子のひとりというハンサムな阿那律立像。

いかにも脳が発達して賢そうな仏像とか、なにもかも見通していそうな眼光鋭い像とか、慈悲深そうな像とか、ま、いろいろあるのだけれど、私は仏像に関しては面食いなのだ。

見かけハンサムな像を好むなんてけしからんとか、罰あたりめということはないと思う。
かの女傑、与謝野晶子だって鎌倉の大仏を美男におわすと詠んでたではないか。

阿那律は盲目で心の目で見ていたという。
だからあの眼差しが清らかでひきこまれたのかな?


庭で秋のバラが色濃く咲き始めている。
s20181020001.jpg

夏ばてで夏剪定をしなかったから、みんな高い所で咲いてるから撮るの一苦労。
s20181020003.jpg

春にいっぱい咲いてたガイラルディア、グレープセンセーション
s20181020010.jpg

夏に思いっきり切り戻しておいたら、ひときわ元気になって、また咲き始めた。
s20181020015.jpg




nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

好きな花の香り

気がついたら10月も中旬。

彼岸花が終わった頃、公園で「あ! この香り!!」と気がついて嬉しくなり次には写真撮ろうと思ってたのに、台風のせいで公園内の大木が倒れ、道を塞いでしまったので、その後その公園には行ってない。

私の好きな今の時期の香り、それはサザンカの香り。
かなり強烈な香りだけれど、なんともいえない癒やし系、郷愁を帯びた香り。
ほんの数輪ほどの花でもわかるほどなのだから、今頃は公園中むせかえるほどにあの香りが満ち満ちていることだろう。

山茶花や椿って意外に開花時期早い。

そして長く咲き続ける。
種類が多いせいだろうか。

ちなみに我が家の椿は来年の春にならないと咲かないものばかり。


庭は春からほとんど新しいものを植えてないせいで、静かな秋を迎えている。
前からある丈夫な宿根草類ばかり。

s20181013012.jpg
フワフワモコモコのアメジストセージ

s20181013017.jpg
宿根草の庭は手がかからなくていい。


s20181013014.jpg
これも宿根草。
アガスターシェ

s20181013020.jpg
一昨年だったかNHKの趣味の園芸で知って「丈夫そう!」と小さな苗を購入。
シソ科は増える。


そして、ようやく咲いた。
s20181013023.jpg
秋明菊。

さあ~少しずつ剪定作業を始めなくては。




nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

彼岸花!

彼岸花真っ盛りの今の時期

うちの庭にも咲いてた!

s-20190919006.jpg

っていうか、
過去にもこの場所で白ともベージュともはっきりしない色の彼岸花もどきが咲いてた記憶はあるのだけれど、こんなにはっきり赤い彼岸花が咲いたのは初めての気がする。

s-20190919003.jpg

彼岸花の色って変化するんだっけ??

s-20190919005.jpg

彼岸花が嫌いなわけではないけれど、公園や野山で見る花という認識で、自分で庭に植えたはずはないのだけれど・・・
う~ん 不思議???

お彼岸なので、昨年秋亡くなったワンコの魂が戻ってきたのかしら?
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

焦ったよ

買い置きのないことに気がついた。
それ一つのためにいつものスーパーに出かけるの面倒だな。

で、ワンコの散歩ついでにコースのちょっと先にある別のスーパーで買う事にした。

夕方 スーパー裏の公園で夫に2匹預けて、私は店に駆け込んだ。

え~と  油油・・・と、どこだ? これだから慣れない店は嫌だね・・・
あった!  ごま油ごま油・・・と、これこれ!

レジの前にはそれぞれ3,4人ずつ並んでいる。
おっと、並んでないレジがあった!
素早くそのレジへ

(なんで並んでないの?とそこで気付くべきだったね)

一点だけなのでポンと、そして「レジ袋は?」

私「要りません」 握りしめてたお札を出す(犬のお散歩バッグにいつも折り畳んで入れてるお金)

  ・・・・・・

え?

レジさん 後ろを指さす

私 再び  え?

レジさん「そこで会計してください」

私 ようやく気付く、これがセルフレジだと
うろたえる  指は画面上をさまよう

まったくもう~ それならそうと前もって分かってればもうちょっとスマートにできたのにさ。


セルフレジが他の買い物客から避けられてたことを実感。
このあたりではまだ普及にまでは至ってないんだね
なんとなくほっとする

まごついたのは高齢者だからってだけじゃなく、不意打ち食らったからなんだって・・・


台風の影響で風が強い。
台風去ったらまた猛暑?

ホトトギスが咲く
s-20180903005.jpg











nice!(2)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

かわいい同居人!

きゃ~見て見て!
思わず嬌声をあげてしまった。
昨夜、階段の壁に張り付いていたヤモリ君?ヤモリちゃん?

s-20180827011.jpg

網戸の外に張り付いてるのは時々見かけてたけれど、部屋の中で見たのは初めて!

ほんの2,3cmの赤ちゃんヤモリ。
足の指がかわいい!

ワンコ達に見つからないように気をつけてね。
うちのワンコ達、蚊や小蠅でも追いかけるめざといやつらだから。


こんな同居人なら大歓迎だけれど、今年はギャ~と叫んでしまった嫌な侵入者もいた。
それはム・カ・デ
写真は? まさか ないない。
即刻ぶっ潰したから。

s-20180827005.jpg

気温はそんなに高くなくても、湿度がたまらなく辛い。
ああ~エアコンなしで寝たいよ~

遮熱効果の高いシェードも雑木林風めざして植えた木々も、今年の猛暑にはいかほどの効果があったのかしら?
結局エアコンに頼らざるを得なかった。

8月も終わろうとしている。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑草らしいけれど

 そんなものを持っていって、狭い庭に植えたら、きっと手がつけられないほど増えて困ることになるよ

妹だったか母にだったか、そう言われた気がする。


根っこを掘り上げて持ってきて、大きめの鉢に植えて何年?
ちっとも増えてないし、大体花がひとつも咲かない年もあった。

s20180820006.jpg

不思議だ。
ちょっと調べても、「恐るべき生命力」とかなんとか、雑草扱い、悪者扱いの記事が多というのに。

柳葉ルイラソウ

私はこの花が大好き
増えすぎるということで悪者扱いはないでしょう?

ひとつ、またひとつと咲いては夕方にはポトっと落ちる。
慎み深い花なのです。


今夏のミニトマトは我が家ではたくさん採れた。
s20180820001.jpg
夫婦二人で食べるには充分すぎるほどに。

でも、さすがにちょっとひと休みみたいで、抜こうか迷ってる。
枯れてきてないし、花はいっぱい付いてるし、もう少し様子を見てもいいかな?




nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日は涼しい!

先週から今週初めまで子供達家族が我が家に集まった。

娘の所にも息子の所にも受験生がいるので、今年の夏休みはどっちも来られないだろうと半ば諦めてたから来ると知った時はとても嬉しかった。
今夏の酷暑!
暑さバテでげんなりの私達夫婦にとって、活気あふれる若者達が家の中にいるだけで、最高のカンフル剤というか生きてる!という実感をもらった。

それぞれ家に戻っていくと、塾の夏期講習の後半戦が始まったり、クラブの合宿だったりで、孫達は休む時間もないようだ。


静かになった日の夜あたりから気温がちょっと下がり始めた。
夜はエアコンなしで窓を開け放して寝られる。
開けてるから気付いたのか、前からなのかは分からないけれど、庭で虫が鳴いていた。
アブラゼミのだみ声に混じって、確かに聞こえた!

何年も飼育してきたスズムシが今年は一匹も出てこなかった。
例年なら今は部屋の中でスズムシが次々に鳴き始めてる頃だ。
スズムシがいなくて寂しいと思ってたけれど、耳をすませば、庭にはいろいろな虫がいるはず。

虫の音を聞いてたら心なしか澱んでた空気がさらっと乾いたように感じた。



そう言えば、7月の初め頃、酷暑になる前、私は初めての経験をした。
夕方犬を連れて行く公園の森の中で不思議な音が木立のかなり上の方のあちらこちらでこだまのように響きあっていたのだ。
ク~~ンともコ~ンともカ~ンとも・・・表現のしようがない音。
柔らかくて優しくて神秘的で・・・

何だろう?
その時期に考えられるのはセミの声。
私の知ってるセミの中にはいない・・・

何だろう何だろうと思ってるうち1週間ほど過ぎ、アブラゼミが耳元でうるさく鳴き始め、その中にあの不思議な声が少し下の方に降りてきてもう少し鳴き声として実体を伴って聞こえるようになった。
細かくカカカカカ~  
いや、カナカナカナ~
それはヒグラシだった。

「カ」というほどにカの音ははっきりしてなくて、「ナ」と書くほどにはナと聞こえない。
とっても滑らかなフレーズ。


どうしてあんな聞こえ方をしたのだろう?

もう一度聞きたいと思っても8月も中旬の今、ヒグラシはもういない。

昨年までもいたのかしら?
ほんと、気付かなかった。


今はアブラゼミとツクツクボウシよね。


我が家が久しぶりに子供達の声で賑わってた日。
トイレの窓から
s-20180816003.jpg
私以外に気がついた人いただろうか?
ひっそりと清楚に咲くバラ。
プロスペリティ。

表の庭では
s-20180816005.jpg
バフビューティ

夏剪定もしてないのに、バラがあちこちで咲き始めてる。
肥料与えなくては。









nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

真夏のレインコートって?

台風の接近に伴い雨が1日中降り続いた日。

うちはワン2匹なので、リードを持つ手が二つ要る。

一人で出かける場合は両手がふさがることになる。
当然傘はさせない。

レインコートと雨靴とレインハットは必需品だ。

ところが
いくらか涼しかった昨日でも、小一時間歩いたら汗びっしょり。
レインコートの中もビショビショに滴るように濡れて気持ち悪いことと言ったら、ああ、嫌だ嫌だ。

これならいっそ、レインコートなど着ない方がましなんじゃないかと思ったわけ。
その方がむしろ、シャワー浴びたみたいで気持ちいいよね。

今までに途中で降られて、びしょ濡れになって走って戻ってきたことは何度もある。
よっぽど寒いときでなければ、すぐに着替えれば風邪引くこともなく全然平気。

でも、今現在降ってるのに雨具無しで出かけるっていう度胸はないのよね。
なんでだろう?



グラウンドカバープランツを試してみようと昨年植えてみた。
ヒメイワダレソウ
s20180728018.jpg

悪くない。
s20180728019.jpg
これ自身が雑草化するおそれがあるというけれど、根は浅くて引き抜き易いし、水遣り不要なのもいい。
涼しげで、白い小花もかわいい。
雑草が全く生えてこないというわけではないけれど、生えてくると目立つから早めに取ることになり結果的に美しく保てる。
日向はこれでいこう。


丈夫なペラルゴニューム
s20180728010.jpg
この場所での10年選手。
思いついたら切り戻し~それだけ。






nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -