So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

焦ったよ

買い置きのないことに気がついた。
それ一つのためにいつものスーパーに出かけるの面倒だな。

で、ワンコの散歩ついでにコースのちょっと先にある別のスーパーで買う事にした。

夕方 スーパー裏の公園で夫に2匹預けて、私は店に駆け込んだ。

え~と  油油・・・と、どこだ? これだから慣れない店は嫌だね・・・
あった!  ごま油ごま油・・・と、これこれ!

レジの前にはそれぞれ3,4人ずつ並んでいる。
おっと、並んでないレジがあった!
素早くそのレジへ

(なんで並んでないの?とそこで気付くべきだったね)

一点だけなのでポンと、そして「レジ袋は?」

私「要りません」 握りしめてたお札を出す(犬のお散歩バッグにいつも折り畳んで入れてるお金)

  ・・・・・・

え?

レジさん 後ろを指さす

私 再び  え?

レジさん「そこで会計してください」

私 ようやく気付く、これがセルフレジだと
うろたえる  指は画面上をさまよう

まったくもう~ それならそうと前もって分かってればもうちょっとスマートにできたのにさ。


セルフレジが他の買い物客から避けられてたことを実感。
このあたりではまだ普及にまでは至ってないんだね
なんとなくほっとする

まごついたのは高齢者だからってだけじゃなく、不意打ち食らったからなんだって・・・


台風の影響で風が強い。
台風去ったらまた猛暑?

ホトトギスが咲く
s-20180903005.jpg











nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

かわいい同居人!

きゃ~見て見て!
思わず嬌声をあげてしまった。
昨夜、階段の壁に張り付いていたヤモリ君?ヤモリちゃん?

s-20180827011.jpg

網戸の外に張り付いてるのは時々見かけてたけれど、部屋の中で見たのは初めて!

ほんの2,3cmの赤ちゃんヤモリ。
足の指がかわいい!

ワンコ達に見つからないように気をつけてね。
うちのワンコ達、蚊や小蠅でも追いかけるめざといやつらだから。


こんな同居人なら大歓迎だけれど、今年はギャ~と叫んでしまった嫌な侵入者もいた。
それはム・カ・デ
写真は? まさか ないない。
即刻ぶっ潰したから。

s-20180827005.jpg

気温はそんなに高くなくても、湿度がたまらなく辛い。
ああ~エアコンなしで寝たいよ~

遮熱効果の高いシェードも雑木林風めざして植えた木々も、今年の猛暑にはいかほどの効果があったのかしら?
結局エアコンに頼らざるを得なかった。

8月も終わろうとしている。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雑草らしいけれど

 そんなものを持っていって、狭い庭に植えたら、きっと手がつけられないほど増えて困ることになるよ

妹だったか母にだったか、そう言われた気がする。


根っこを掘り上げて持ってきて、大きめの鉢に植えて何年?
ちっとも増えてないし、大体花がひとつも咲かない年もあった。

s20180820006.jpg

不思議だ。
ちょっと調べても、「恐るべき生命力」とかなんとか、雑草扱い、悪者扱いの記事が多というのに。

柳葉ルイラソウ

私はこの花が大好き
増えすぎるということで悪者扱いはないでしょう?

ひとつ、またひとつと咲いては夕方にはポトっと落ちる。
慎み深い花なのです。


今夏のミニトマトは我が家ではたくさん採れた。
s20180820001.jpg
夫婦二人で食べるには充分すぎるほどに。

でも、さすがにちょっとひと休みみたいで、抜こうか迷ってる。
枯れてきてないし、花はいっぱい付いてるし、もう少し様子を見てもいいかな?




nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今日は涼しい!

先週から今週初めまで子供達家族が我が家に集まった。

娘の所にも息子の所にも受験生がいるので、今年の夏休みはどっちも来られないだろうと半ば諦めてたから来ると知った時はとても嬉しかった。
今夏の酷暑!
暑さバテでげんなりの私達夫婦にとって、活気あふれる若者達が家の中にいるだけで、最高のカンフル剤というか生きてる!という実感をもらった。

それぞれ家に戻っていくと、塾の夏期講習の後半戦が始まったり、クラブの合宿だったりで、孫達は休む時間もないようだ。


静かになった日の夜あたりから気温がちょっと下がり始めた。
夜はエアコンなしで窓を開け放して寝られる。
開けてるから気付いたのか、前からなのかは分からないけれど、庭で虫が鳴いていた。
アブラゼミのだみ声に混じって、確かに聞こえた!

何年も飼育してきたスズムシが今年は一匹も出てこなかった。
例年なら今は部屋の中でスズムシが次々に鳴き始めてる頃だ。
スズムシがいなくて寂しいと思ってたけれど、耳をすませば、庭にはいろいろな虫がいるはず。

虫の音を聞いてたら心なしか澱んでた空気がさらっと乾いたように感じた。



そう言えば、7月の初め頃、酷暑になる前、私は初めての経験をした。
夕方犬を連れて行く公園の森の中で不思議な音が木立のかなり上の方のあちらこちらでこだまのように響きあっていたのだ。
ク~~ンともコ~ンともカ~ンとも・・・表現のしようがない音。
柔らかくて優しくて神秘的で・・・

何だろう?
その時期に考えられるのはセミの声。
私の知ってるセミの中にはいない・・・

何だろう何だろうと思ってるうち1週間ほど過ぎ、アブラゼミが耳元でうるさく鳴き始め、その中にあの不思議な声が少し下の方に降りてきてもう少し鳴き声として実体を伴って聞こえるようになった。
細かくカカカカカ~  
いや、カナカナカナ~
それはヒグラシだった。

「カ」というほどにカの音ははっきりしてなくて、「ナ」と書くほどにはナと聞こえない。
とっても滑らかなフレーズ。


どうしてあんな聞こえ方をしたのだろう?

もう一度聞きたいと思っても8月も中旬の今、ヒグラシはもういない。

昨年までもいたのかしら?
ほんと、気付かなかった。


今はアブラゼミとツクツクボウシよね。


我が家が久しぶりに子供達の声で賑わってた日。
トイレの窓から
s-20180816003.jpg
私以外に気がついた人いただろうか?
ひっそりと清楚に咲くバラ。
プロスペリティ。

表の庭では
s-20180816005.jpg
バフビューティ

夏剪定もしてないのに、バラがあちこちで咲き始めてる。
肥料与えなくては。









nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

真夏のレインコートって?

台風の接近に伴い雨が1日中降り続いた日。

うちはワン2匹なので、リードを持つ手が二つ要る。

一人で出かける場合は両手がふさがることになる。
当然傘はさせない。

レインコートと雨靴とレインハットは必需品だ。

ところが
いくらか涼しかった昨日でも、小一時間歩いたら汗びっしょり。
レインコートの中もビショビショに滴るように濡れて気持ち悪いことと言ったら、ああ、嫌だ嫌だ。

これならいっそ、レインコートなど着ない方がましなんじゃないかと思ったわけ。
その方がむしろ、シャワー浴びたみたいで気持ちいいよね。

今までに途中で降られて、びしょ濡れになって走って戻ってきたことは何度もある。
よっぽど寒いときでなければ、すぐに着替えれば風邪引くこともなく全然平気。

でも、今現在降ってるのに雨具無しで出かけるっていう度胸はないのよね。
なんでだろう?



グラウンドカバープランツを試してみようと昨年植えてみた。
ヒメイワダレソウ
s20180728018.jpg

悪くない。
s20180728019.jpg
これ自身が雑草化するおそれがあるというけれど、根は浅くて引き抜き易いし、水遣り不要なのもいい。
涼しげで、白い小花もかわいい。
雑草が全く生えてこないというわけではないけれど、生えてくると目立つから早めに取ることになり結果的に美しく保てる。
日向はこれでいこう。


丈夫なペラルゴニューム
s20180728010.jpg
この場所での10年選手。
思いついたら切り戻し~それだけ。






nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

暑い

朝6時過ぎに起きて、庭の草取りしている。

誰が? ってこの私が、です。

待ってたって誰かしてくれるわけでなし。
自分でするしかない。

草取らなきゃ、庭は大変なことになる。

お尻に火がつけば、万年不眠症で午前中はまともに動けない私でも動かざるを得ない、というより、動けるということ。

私がノロノロと作業着に着替え庭に出る時には、夫は犬の散歩を終えており、「6時にはもう日が照ってきて犬がかわいそう」だそうな。

あ、そう・・・

5日ばかり(私としては)早起きをして、なんとか庭はすっきりした。
やれやれ


先月半ば頃から咲き始めた。
夏咲きの原種シクラメン
s20180728004.jpg

小さな可憐な花
葉っぱは全くなし
s-20180806004.jpg
秋には意外に大きな葉っぱでいっぱいになる。

あ、今見える緑は全て雑草。

気温36度などという庭で咲くバラ
s-20180806003.jpg
なんだったっけ?
ムルチフローラヴォウマルキュース??

あっという間にチリチリになる。
s-20180806002.jpg
暑すぎて虫はあまりいないみたい。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

素敵な花

ここ数年、犬の散歩が私の日常生活の大きな負担になってるので、他の毎日の家事の負担を減らそうと思った。
いや、負担などと言っては犬に申し訳ない。
犬のおかげということも多いのだから。

とにかくいつもたいへんな酷暑の庭の水遣り作業を少しでも減らすことを考え、春の花が終わった後、夏秋用草花を植えなかった。
庭のあちこちに土だけが残った鉢がゴロゴロ置いてあるのは寂しいことだけれど、背に腹はかえられない。

それでも、うだるような暑い庭で、宿根草や球根植物などは残っていてそこそこに咲く。

ガイラルディアの原種 グレープセンセーション
s20180728006.jpg

この花は確か、近所のホームセンターの閉店セールの処分苗だった。
「稀少苗、お得です」のタグに惹かれて。

昨年の今頃もぽつぽつと咲いてたけれど、大して見映えする花ではないな、と思ったような・・・。

ところが、今、36度超という庭で針金みたいにたくましい茎を伸ばし、鎌首もたげるように咲く、この花の思いがけない可憐さと愛らしさと美しさに気づき、今は首ったけの私である。
花びらが♡型!


s20180728002.jpg

名前が分からなかったけど、ガイラルディアということは分かるから、検索して「グレープセンセーション」という、これまた素敵なネームにたどり着いた。

s20180728008.jpg

暑さと乾燥には強いらしい。
しかも初夏から秋まで咲き続ける。

増やそう!





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

突然壊れるものなのね~

2回続けてエアコン記事を書くことになろうとは・・・クシュン

3部屋開放で過ごしてる我が家でフル回転してる小さい方のエアコンは、実は猛暑の始まる前に買い換えたもの。
冷房としても暖房としても一番よく使う場所なので、初夏頃に準備しなくてはと付けてみたらだめだったわけ。
修理を頼んだのだが、もう寿命ですと言われて仕方なく。


これでひと安心。

ところが、今年の暑さは半端なかった。
8畳用程度の冷房では無理。
で、大きい方のエアコンを今夏初めてつけた。
「わ~お! やっぱり違うね」なんて喜んで、小さいエアコンを切ったその部屋で本読んでたら、急にもわ~と暑くなってきた。
大きいエアコン止まってる・・・

修理依頼。
でも、来てくれるのは1週間先になるのだって。

おそらく大きいエアコンも治らない。
もっと古いから。

うう~たいへんだ。

でもね、昨日から気温下がってる。
エアコンなしで過ごせてる。
絶望的にならなくてすんでます。


灼熱地獄の庭で
気がつかなかったよ
s-20180717001.jpg
バラのアーチに絡んで春にいっぱい咲いたクレマチス。

s-20180717003.jpg
律儀に2番花。

ちなみに春の花は
s20180514009.jpg



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

何のための誰のためのエアコン?

犬と私が昼間過ごしてるところは本来3部屋に分けられるだだっ広い空間。
全ての窓を開け放して、扇風機をまわして、ぎりぎりまで凌いだのだけれど、32度越えた頃からさすがに辛くなった。(今日は36度越えらしい)
それで、本来2つのエアコンで空調するところを1台だけつけている。

冷房に弱い私は一番効いてる部屋ではなく冷風の来ない比較的暑い場所が定位置。

そして犬はといえば、なんと部屋から出て、蒸し風呂のような廊下に寝転がっている。


夕方、水遣りなど庭作業を始める時間に、エアコン切って、窓を開け放す。
すると、犬どもはそいそと窓際にやってくる。
あ~いい気持ち  
まだ熱風なのだけれどね・・・


せめて見た目だけでも涼を
s-20180713003.jpg

風蘭

s-20180713006.jpg

昔、どこかのお殿様が、下に~下に・・・の大名行列で、御駕籠の中に風蘭をつるして、香りを愛でたとか。

我が家でも昔は開花すると部屋に持ち込んだ。
でも、今は梅の木に結わえてしまったから・・・


ノリウツギ、別名ピラミッドアジサイ

s-20180713009.jpg

バックはネグンドカエデ(フラミンゴカエデ)
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

犯人捕獲・・・・中

我が家の期待の星~ならぬ期待の樹木

昨年春に植えたばかりの西洋シラカバ


まだまだ枝葉を伸ばすとまではいかないけれど
s20180709003.jpg

この美しい樹肌!
s20180709005.jpg

ほんもののシラカバと違い、幼木の頃から白い樹肌が見られるということだった。

それは本当だった。

ところが徐々に葉が網の目状に。
実は昨年も同じで、秋には殆ど葉がない状態に。

目を凝らしてみても犯人を見つけられなかった。

今年は絶対に許すまじと、気付いた時から葉裏をチェックチェック・・・
毛虫のような奴がいるに違いないと入念に。

でも見つからない。
葉はどんどん囓られていく。

夜の間だけ出てくるヨトウムシみたいな奴かもしれないと、根元の土も探ってみた。

そんな苦闘中のある朝
二階のベランダで洗濯物を干してたとき、何となく庭をながめてたら、西洋シラカバの枝にキラリと光るものを見た。
いや、見た気がした。

急いで庭に出た。

百戦錬磨の私の目からは逃れられないよ、コガネムシ君。

一気に20匹近い数のコガネムシを捕獲。

コガネ虫はバラにとっても天敵。
何本枯らした事か。

ただ、バラは葉が囓られると言うより、幼虫が土の中で根を喰いあさる被害の方が大きい。
ま、成虫がいるから幼虫が生まれるわけで、きらりと光るコガネムシ捕獲は庭作業の中の基本の基だったのだけれど。

というわけで、
久々にコガネムシの瓶詰めを作ってます。
一匹づつ殺してる時間ないからね。

s20180709001.jpg

鉢植えのバラが減ったせいでちょっと油断してた。
シラカバの葉はコガネの好物って知らなかった。

それにしても、どうして見つけられなかったのだろう?
小さな幼虫(毛虫)というところで思考停止?






nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -